1. HOME
  2. ブログ
  3. ホワイトデーのお返し!意味や由来とは・・・

ホワイトデーのお返し!意味や由来とは・・・

バレンタインデーにチョコレートを貰った方は、ホワイトデーのお返しを考えますよね。

 

ホワイトデーのシーズンになると、色々な種類のお菓子がお店に並び『どんなものを選べばいいのだろう・・・』と悩む方も多いかもしれません。

 

その中でも、クッキーやマシュマロ・キャンディーといったお菓子をプレゼントに選ぶ方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、実はお菓子によって、様々な意味が秘められているというのです。いわゆる花言葉みたいなものです。

 

そこで今回は、ホワイトデーに贈るお菓子のもつ意味についてご紹介したいと思います。

 

そもそもホワイトデーという習慣はいつ・どこで生まれたの?

もともとホワイトデーという習慣は、諸説ありますが、1973年(昭和48年)3月14日に、マシュマロで有名なエイワと、ペコちゃんでお馴染みの不二家がタッグを組み、マシュマロを売り出すキャンペーンを開始したという事例が最も有力だと言われています。

 

これは、日本独自の文化で、一部のアジア諸国を除いて、他国ではそのような文化はいまだにないようです。

 

お菓子に隠された意味

 

●クッキー:友達

クッキーは種類が豊富でサクサクしていて、割れたりもしますので、「沢山いる中の一人」「ドライな関係」という意味につながるようです。

買うのもいいですが、作るのもとても簡単なので、友達に作ってあげても喜ばれるのではないでしょうか。

 

●マドレーヌ:円満な関係・縁結び

マドレーヌは貝の形をしているお菓子ですよね。

 

昔から日本で貝は、二枚が一つにピッタリと合わさることから「円満な関係・縁結び」を表しているので、縁起がいいとされているんだとか。

 

こちらは、職場や取引先などの仕事関係のお返しによさそうですね。

 

また、「あなたをもっと知りたい」という意味もあるようなので、気になっている人がいるなら、プレゼントしてみるのもアリでは?

 

●バームクーヘン:関係の継続・長寿繁栄

バームクーヘンはドイツ語で『年輪のお菓子』という意味で、その名の通り、木の年輪の様ですよね。

 

この幾重にも重なった姿が、「幸せがずっと続きますように」「この関係が続きますように」というような意味につながっているようです。

 

●マカロン:特別な存在

壊れやすく、繊細なマカロンは、他のお菓子に比べ、扱いも難しく値段も高価であるため、「高級菓子」というイメージから「特別な人への贈りもの」というにふさわしいお菓子となっているようです。

 

大切な方へのプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。

 

●マロングラッセ:永遠の愛の誓い

ヨーロッパでは、永遠の愛を誓う証として、男性から女性へと贈る文化があるようです。

 

まるで結婚指輪のようですね。

 

これから、永く連れ添うパートナーへとプレゼントするのもいいですね。

 

●キャンディー:好き

キャンディーは硬くて割れづらく、長く味を楽しむことができることから、「好き」という意味があり、また、交際が長く続くといわれています。

 

気になる相手にはキャンディーがベスト!!

 

また、キャンディーの中でも、味によっては意味合いが変わるそうです。

 

イチゴ:恋・結婚・子孫繁栄
ブドウ:酔いしれる恋
バナナ:縁談あり?
オレンジ:幸福な花嫁
メロン:デート運上昇
リンゴ:運命の相手
レモン:真実の愛

 

●マシュマロ:嫌う・距離を置く、(チョコレート入り):あなたの愛を純白で包む

すぐに溶けてなくなるため、「長く続かない」「ごめんなさい」といった意味があるようです。

 

しかし、中にチョコレートが入っているものに関しては、「あなたの気持ちを柔らかく包んでお返しする」という意味があるので、マシュマロをお渡しする場合には、チョコレート入りにしましょう。

 

まとめ

このように、ホワイトデーのお返しにプレゼントするお菓子には様々な想いが込められているんですね。

 

これで少しは贈り物を選びやすくなったのではないでしょうか。

 

これらのことを踏まえたうえで贈り物を選べば、相手にもきっと気持ちが伝わるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

皆さん、素晴らしい一日を!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事